沿革
昭和23年4月  1日 山形県立荒砥高等学校(定時制課程)設立許可
   元荒砥農芸学校を校舎とする
 5月  7日 開校式挙行。普通科・農業科・被服科に第一学年入学
   蚕桑分校・鮎貝分校・東根分校も同時開校
 7月14日 PTA結成
昭和27年3月15日 同窓会結成
 3月31日 鮎貝分校・東根分校閉鎖
昭和28年4月  7日 通常課程1学級併置認可。通常課程1学年入学許可
昭和29年3月31日 蚕桑分校閉鎖
昭和30年4月  1日 通常課程定員増加認可(80名)
 6月  1日 校歌制定
昭和31年3月31日 農業実習室竣工
 4月  1日 通常課程定員増加(100名)
 7月  3日 理科・音楽室竣工
昭和33年5月  7日 創立10周年記念式典挙行
昭和36年12月27日 家庭科教室・図書館竣工
昭和38年4月  1日 全日制課程に商業科設置
昭和39年6月29日 後援会結成
昭和40年4月  1日 定時制の課程家政科募集停止、生活科設置(定員20名)
昭和42年4月  1日 定時制課程普通科の募集停止、完全県移管決定
昭和43年5月  7日 創立20周年記念式典挙行
昭和44年4月  1日 全日制課程商業科の募集停止、普通科3学級となる
昭和51年3月25日 柔剣道場竣工
昭和53年4月  1日 定時制課程募集停止、全日制課程普通科4学級となる
 5月  7日 創立30周年記念式典挙行
昭和55年3月31日 新校舎竣工
昭和56年3月31日 定時制課程廃止
昭和59年7月19日 新体育館竣工
昭和62年4月  1日 校訓「克己復禮」制定
昭和63年10月29日 創立40周年記念式典挙行
平成2年   5月 サクラ植樹(体育館、テニスコート周囲)
平成3年12月15日 山新愛の事業団より「愛の鳩賞」受賞
平成4年   5月 サクラ植樹(体育館、グラウンド周辺)
平成5年4月  8日 グラウンド全面改修工事完成
平成6年8月10日 家庭科棟竣工
平成9年7月  1日 体育施設開放
平成10年10月  9日 記念会館(復禮会館)竣工
 11月  7日 創立50周年記念式典挙行
平成11年4月  1日 コース制導入
平成12年4月  1日 普通科3学級となる
平成17年4月  1日 新コース制導入、普通科2学級となる
平成20年10月20日 創立60周年記念式典挙行
平成25年4月  1日 普通科を総合学科に学科改編
   長井工業高校とキャンパス制開始
平成28年3月  3日  総合学科第一期生卒業式